<< 青山アンデルセンで朝ごパンの会 ス、スライム食感 >>

草間彌生がいっぱい、Whitney Museum-new york summer 2012

LOUIS VUITTONのショップは草間彌生とのコラボレーションディスプレイ中
NYの街並の中で一際の異彩と存在感を放つ
f0234901_5361652.jpg

f0234901_5295144.jpg

夢に出てきそう〜

East Villageでブランチを食べた後は、地下鉄に乗ってホイットニー美術館へと移動
f0234901_5305184.jpg

ちょうど開催中の草間彌生展を観るために
13時に到着した時には館を囲むように行列が出来ていた

私の一番の目的は.....
fireflies on the water/yayoi kusama *画像はお借りしています
f0234901_5323885.jpg

この展示だけは作者の意向で、一日に観られる人数が決まっているtime ticket制(無料)
是非この空間に身をおきたい!と思っていたのだがかなり出遅れてしまったようだ
(展覧会は〜9/30まで。これから行かれる皆様、お早めの到着をお薦め
CITY PASSを持っていてもこの行列に並ばねばならぬようでした
time ticketは窓口で入場券を購入する際に必要かどうか聞かれる
=7月下旬当時の情報ですので、最新情報はご確認ください)

炎天下のもと、ジリジリと列は進み約1時間
やっとこチケットカウンターまでたどり着いたと思ったら
無情にも私の5~6人前で本日分のチケットはsold out
な ん で す と?
これって何の法則ですかね?
うう、あと1時間早く来られなかった自分の計画性の無さを呪おう

さすがに並んでこのまま帰るという選択肢は無く
翌日以降に早めにいって並ぶ、という考えも一瞬浮かんだが
他にも行きたい場所があったのでtime ticketの必要ない
通常の草間彌生展と常設展を観ることに

草間彌生の作品は、六本木ヒルズの森美術館の開館記念展ハピネスや
その後のクサマトリクスでわりとしっかり観たし
直島に行った時に真っ赤な水玉かぼちゃでかくれんぼしたり
接する機会は多々あったのだが
立体物以外の初期からの活動と平面作品もきちんと観る事ができて良かった

いや、いまだにfireflies on the waterが体験できなかったのは心残りなのだけど
[PR]
by psychodelica | 2012-08-28 05:47 | ■NY summer 2012
<< 青山アンデルセンで朝ごパンの会 ス、スライム食感 >>